TOHOシネマズ池袋 スクリーン10 のベストな座席

ズバリ、TOHOシネマズ池袋スクリーン10のオススメな座席は・・・

TOHOシネマズ池袋のスクリーン10は315席(うち車イス席: 2席)のTOHOシネマズ池袋の中で最大サイズのスクリーン。同館ではスクリーン6が同スクリーンサイズ・同座席数。大型シネコンによくある横一列ごとに階段が一段上がっていくスタジアム型の座席配置で、どの席からでも前の人の頭がスクリーンにかかる心配はない。この劇場で最も映画を観やすいベストな席はおそらくH-15,H-16またはI-15,I-16となる。なぜ4席掲示しているかと言えば、実際にその席に座っていないので、断言できないためだ。次点は、G-14~17、H-14~17、I-14~17、J-14~17。座席の設備としては隣席と共有のドリンクホルダー。前席に傘立てがある。荷物用フックはないので、荷物は左右の空き座席や座席下に置くことになる。

なぜオススメ座席がH-15,H-16またはI-15,I-16なのか

劇場に掲示されている座席表

座席表を見ればわかるが、横には30席あり、左右のいずれで通路などより席が少なくなっていないため、15番と16番の間がスクリーン中央になる。そして高価格でゆったり映画を鑑賞できるプレミアムボックスシートが存在するので、プレミアム料金を払うのであれば、当然プレミアムボックスシートの中央であるF11が最もよい鑑賞位置になっている・・・と思うだろう。しかし、この劇場はそうでもない。確かに見上げた角度で足を伸ばし、高級シートでゆったりと映画を鑑賞できるが、スクリーンは歪んで見えるのだ。

G-17からスクリーン中央を中心に撮影

プレミアムボックスシートのある劇場の場合、プレミアムボックスシートの前後どちらかが画面中央を取りやすい場合が多いのだが、プレミアムボックスシートのF列の後ろ、G列から見た画像が上のものだ。上にすぼまっているのがわかるだろう。結構見上げた位置になっている。

G-17からスクリーン中央を中心に撮影(照明なし)

照明がなく、映写された像が見やすい写真だとよりわかりやすい。このことから、G列より後ろ1~2列の位置であれば、スクリーン中央を見た際の歪みが最小になると思われるので、HかI列がベストだと考えられるのだ。

ただし大スクリーンに映し出される映像が覆い被さるような、臨場感を味わいたいのなら、プレミアムシートのF列やG列も見やすい位置だ。通路を挟んだそれより前の席は圧迫感があって、オススメはしない。アクション映画などの激しい動きの場合は映像に酔ってしまうかもしれない。

TOHOシネマズ池袋にはこのスクリーン10と座席数・スクリーンサイズが同じ劇場・スクリーン6がある。2つのスクリーンは階が違うが、出入口が同位置で、形状も同じようだ。なので、ベストな座席位置もスクリーン6はスクリーン10同様と思われるので、参考にして欲しい。

TOHOシネマズ池袋スクリーン10での鑑賞履歴

2020年7月4日(土)
作品:MOTHER マザー 座席:G-17

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。