TOHOシネマズ池袋 スクリーン4のベストな座席

ズバリ、TOHOシネマズ池袋スクリーン4のオススメな座席は・・・

TOHOシネマズ池袋のスクリーン4は121席(うち車イス席: 2席)のTOHOシネマズ池袋の中では小さめなスクリーン。大型シネコンによくある横一列ごとに階段が一段上がっていくスタジアム型の座席配置で、どの席からでも前の人の頭がスクリーンにかかる心配はない。この劇場で最も映画を観やすいベストな席はG-8となる。次点は、F-8、F-9、F-7、G-7、G-9、H-8、H-7、H-9。ただし、2020年7月時点では感染症対策のために左右前後を1席空ける必要があるために、ベストな席をとるのが難しくなっている。座席の設備としては隣席と共有のドリンクホルダー。前席に傘立てがある。荷物用フックはないので、荷物は左右の空き座席や座席下に置くことになる。

G-8がなぜオススメ座席なのかの考察

視線の横方向は8番が中央になる。ただし、天井の電気設備などを基準に見てみると若干左寄りな感じなので、7番も悪くない。8番の場合は左の肘掛けに腕を置いて、頭を左寄りにすると完璧かも。縦方向はG列から水平に目線をおくとスクリーン中央になり歪みがほぼないうえに、画面との距離も適正に感じられる。ただし、座席の背もたれからヘッドレストの形状が水平から見下げる形でフィットするように作られているので、人によってはH列の方が快適に観賞できるかもしれない。また、昔の劇場は見上げる形状が多いので、それに慣れているもしくは、覆い被さるような臨場感を感じたい場合はEやF列でもよいと思う。

上下の写真は座席G-8からスクリーンに向かって水平に取った写真である。スクリーンのほぼ中央が中心になっているのがわかるだろう。また、スクリーンの歪みは少ない点もG-8がベストポジションであることを物語っている。

劇場が暗くなった後、G-8からスクリーン方向にカメラを水平にして撮影

7月3日のオープン初日に利用し、他のレビューもない中、座席配置図から目算でG-8を選んだのだが、そこがベスポジだったので、映画鑑賞前にちょっと興奮したことも記しておきたい。

TOHOシネマズ池袋にはこのスクリーン4と座席数・スクリーンサイズが同じスクリーンが他に3つある。スクリーン5スクリーン8、スクリーン9だ。入口の位置が左右で違いあるものの、座席配置は同じものと考えられる。そのため、スクリーン5・8・9でも縦方向はG列が中央で、横は入口によって調整するのがよいと思われる。

TOHOシネマズ池袋スクリーン4での鑑賞履歴

2020年7月3日(金)(オープン初日)
作品:ドロステのはてで僕ら 座席:G-8

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。